FC2ブログ

動物が心を開いてくれる時

我が家の柴、女の子、5歳の時ブリーダーさんが飼養放棄した子をもらってきました

ブリーダーさんとの別れの時…
 ブリーダーさんの近くで
 耳を後ろに折り曲げて
 しっぽを振り振り
 ほふく前進で
最高の喜びようを見せていました

その帰り道
途中で車から降ろしてお水を飲ませて頭をなでたら
「ガブッ」と咬まれてしまいました

あれ、先ほどブリーダーさんに見せていた表情とは全く違う…
やはり誰でもいいというわけではなかったのか…

家に連れて帰ってからも大変!
他のワンちゃんとと一緒に散歩をしていると…
 途中でけんかを仕掛ける
 触れようとするとうなって咬もうとする

それでもご飯は喜んで食べてくれていましたし
散歩も徐々に他のワンちゃんといけるようになりました

つかず離れず、あまりしつこくせず…
徐々に距離を縮めることができました

最近、ご飯の時「お座り!」「待て!」ができるようになりました
今まで「お座り」、「待て」などできるわけがない、と試すこともなかった自分を反省しました

そして
あのブリーダーさんに見せていた最高の笑顔を
本当に時々ですが
見せてくれるようになりました

5年たって少しだけ心を開いてくれたかな

まだお腹を見せてはくれませんが
近寄るとしっぽを振って喜んでくれますし
頭をなでても気持ちよさそうにしてくれています。

当院の患者さんでも里親になられた方がたくさんいます
子供の時にもらわれた場合はよいのですが
大人になってもらわれた成犬、成猫の場合は
どのご家族でも一苦労されているようです

風の音を聞くと暴れてしまう子…
男性を見ると逃げてしまう子…
今までその子が受けてきた苦い経験によるものだと思いますが
どのご家族もその子のその子のために辛抱強く付き合って
かわいがっている姿勢を拝見すると
頭が下がる思いです

ただ苦労された分新しい発見
そして
心が通じ合えたと思う瞬間は格別にうれしいものです
私も柴犬の子ともう少し親しくなれるようあせらず付き合っていこうと思います、

パスポートの販売について

本日、パスポートのDMに対して匿名でお手紙をいただきました
パスポートの説明が不十分でご心配をおかけしたことが多分にあったようで大変申し訳ありません

お返事のしようがないのでブログにお返事します

パスポートは1年分の予防に対するお支払の全額の1例を提示させていただいております

混合ワクチン代金
狂犬病予防注射代金
フィラリアの検査代金
フィラリアのお薬の代金
ノミ、ダニの予防のお薬の代金    の総額です

当院はワクチンは5種類
検査は3種類
お薬もいろいろあるので、選択していただいた種類によって金額はずいぶん違います

お手紙では金額がかなり高くなっているとのご指摘をいただきましたが
一例として金額を上げさせていただいているだけで、その代金をお支払いいただくわけではありません
実際DMよりもお安い価格でパスポートを購入していただいた方もおります

その子にあったものをご家族に選んでいただくオーダーメイドの予防です
そのため、昨年と比べて極端に高くなっているわけではありません

また、ワクチン代金、お薬の価格は他の病院さんと比べてかなりお安く設定させていただいています
引っ越し等で他院を受診されていたことがある方はよく驚かれます
お薬の値上げはお薬の種類が多い中、全体の是正、調整をするため行った処もあります
DMでは300円~と記載させていただきましたが、実際には差額が100円であったり、中には値下がりしているお薬もあります

お手紙を頂いた方にはお薬の会計待ち時間は幸い短いとおっしゃっていただけましたが
少ない人数で病院を運営しておりますので、この頃お薬でも待ち時間が長くなりつつあります

会計の回数を1回にまとめていただくことで、病院の会計事務の軽減に結びつくことから
そんなオーナー様のご協力に感謝して細やかなお礼としてワクチン時の再診料を無料というサービスに至ったわけです
会計事務時間短縮というプレゼントを患者様からいただいたと考えおります
会計事務時間の短縮は診療の待ち時間の短縮にもつながっていると思っております

パスポートは1回で高額な請求をすることが目的ではありません

ワクチンのお手紙をお出ししてもその時お忙しくて忘れてしまった方
フィラリアの予防薬を途中で病院に取りに行くことを忘れてしまって予防が中断してしまった方
ご自身の病気で来院ができず予防ができなくなった方…

などのお話をお聞きしてお薬をまとめてお渡ししたほうがよういのではと思い至ったわけです
来院されないオーナー様のご事情を考えると
やむを得ず来院できないだろうから…と後追いのお手紙はお出しできないです

お薬代金についてはまとまるとどうしても高額になるので
少しでもご負担が減るように1か月分は病院負担とさせていただきました
お薬屋さんに圧力をかけられているの?というお声掛けもいただきましたがそれはありません

つつがなく1年健康で過ごせるますように…
そういった思いで今回のパスポートを企画いたしました
ご理解のほどよろしくお願いいたします



介護用品ですが…結構便利です

ワンちゃんは1年で4才歳をとっていきます。
気が付いたら中年、シニアの域に達していたなんてことも…
特に大型犬は小型犬より早く歳をとるともいわれています。
そして大型犬の場合、足・腰が弱くなると床ずれ(褥瘡)ができることもあります。
そこで、床ずれ防止マットのご案内です

DSCN1656[1]_convert_20180211100948

内部が網目構造になっているため体の圧力を分散でき、しかも通気性が良いため蒸れる事もありません
丸洗いもできます
DSCN1659[1]_convert_20180211100335
DSCN1660[1]_convert_20180211100411

歳をとってから買ってあげても慣れていないためなかなか使ってくれないこともあります
中年以上⁈(7歳以上)に達したらためしてみたらいかがでしょう

また若い子でもひじ・かかとが固くなる「たこ」予防にも
そして、通気性が良いため夏は涼しいと思います(サイズはいろいろあります)

DSCN1658[1]豢玲オ・カイ_convert_20180211100441


                    


もう一つ、お尻周りについてしまった汚れどうやって落としてますか?

ウエットティッシュでふき取ってもこびりついてなかなか取れないこともしばしば

「お尻だって洗ってほしい…」 
昔のウオシュレットのコマーシャルですが、やはり洗うのが一番

かと言ってお風呂場に連れて行くのは大変

なんて時にこの洗浄液を使ってみてはいかがですか

DSCN1661sennjou_ekihonntai_convert_20180211100502.jpg

ひまわりからできた石鹸で薄めて使います
専用のボトルで洗い流すのですが、意外にも?よく落ちました
もちろん改めてお水で洗い流す必要はありません

繝懊ヨ繝ォ_convert_20180211100522


こちらも介護用品ですが、普段のちょっとした汚れ落としにも使えそうです

これからも動物病院ならではの商品を中心に、お役に立ちそうな商品があれば御紹介していきたいと思います

ありがとうございます お陰様で5周年

今日は12月25日クリスマス
イエスキリストのお誕生日です、が、
先日テレビでイエス・キリストの誕生日が12月25日だという確かな情報は無く
冬至が過ぎて昼間の時間が長くなり
人々が喜ぶこの日に合わせたとの説があるようです
冬至は国の場所によって異なるのでは…と妙な疑問が残りますが

いずれにしろ宗派を超えて
みんなで素敵な時間を過ごせるという事は
とてもありがたいことですね


そして今日12月25日は当院の開院して日でもあります
ちょうど5年前の今日
不安いっぱいで始めた病院も
お陰様で5周年を迎えることが出来ました

DSCN1627[1]_convert_20171225133806患者様よりお祝いに頂きました

この5年間病院のあり方の方向性を
色々模索してきました、が
やはり馬鹿正直に
”一人一人の患者様を大切に丁寧に診ていく”
という方針を変えず
更に充実させていくのが一番という結論になりました

DSCN1621[1]_convert_20171225133947背景と角度、場所を変えて…


そのため一人一人の診察時間が長くかかることがあり
お待たせすることもあるかと思います
ご了承ください(色々なお話しや診察は、上の写真のように角度を変えると…思わぬ発見があります)


当院をかかりつけとして選んでいただいた方々の
ご期待に添えるよう今後も努力していきますので
よろしくお願い致します

今年もいろいろとありがとうございました 

そして来年も皆様にとって良い年でありますように
お祈り申し上げます 

寄り添う

昨年10月Tちゃんは食欲がないということで来院されました
Tちゃんは前回のブログで紹介させて頂いた「お月見」のTちゃんです
DSCN1546[1]_convert_20171015142900

血液検査を検査をさせて頂くと腎臓が悪くなっていることがわかりました
それもかなり悪い状態で、年を越せるかどうか…
本来ならば数日入院して食欲が改善したらお迎えというところでしょうが
今の状態では回復するかどうかも微妙な状態
となると入院している時間がもったいないので、
ご自宅で過ごす時間をできるだけ増やしてあげたいと
通院することとなりました

朝、ご家族のYさんが通勤前に病院に連れて来て頂いて、帰宅後にお迎え
病院にお預かり中は腎臓の治療と給餌をする毎日…
もともと野良猫で体力があったからでしょうか
日を追う毎に回復していきました
その回復ぶりにご家族も私たちも非常に喜びました

DSCN1541[1]_convert_20171015144251

もともとTちゃんはご家族の近所では色々な方と交友をもっていたらしく
自称「Tちゃん通」という方がいっぱい
Tちゃんはどんな人にも優しくそっと寄り添ってくれるからでしょう
皆の心にTちゃんが住み着いているのがよくわかります
顔の広いTちゃん、様々な人からYさんは「Tちゃんどう?」と声をかけられるそうです

そんなYさんがTちゃんと知り合ったのは…
ご家族を亡くして悲しみに打ちひしがれている時
Yさんのお家に出入りするようになり
Yさんにそっと寄り添い
Yさんに笑顔を取り戻しました
                
         

年が明けてもTちゃんは良い状態が続き
通院も2日、3日と間隔を明けられるようになりました

次は桜が見られるまで…
私たち、もちろんご家族のYさんの希望も膨らみました
無事に桜を見ることはできましたが
腎臓の方は徐々に悪くなり貧血が見られるように成り始めました
腎不全の状態が悪くなった時に見られる症状です

今度は血液を増やす注射が始まり
また、毎日の通院が始まりました
雨の日も風の日も… 
Yさんは大変だったと思います
その甲斐があってTちゃんの状態は安定してきました

DSCN1536[1]_convert_20171015135315

夏を越せるかどうかも心配でしたが Yさんの努力により、その夏も越すことが出来ました

しかしながら、病気の方は少しずつ悪くなっていました
9月に入り体重が減り、歩くのもままならぬようになってきました

それでもTちゃんは前足を踏ん張って歩こうとし
お水も全身の力で起き上がって自力で飲んでいました
与えられた命を最期まで大切に、大切に生きようとする…けなげな姿にスタッフ皆が感銘を受けました


10月に入り十五夜の夜、Yさんと一緒にお月見をされたそうです
日付が変わって間もなくYさんからTちゃんが動かなくなったと連絡が入りました
すぐに連れて来て頂きましたが、既に亡くなっていました
Yさんのお友達が 「Tちゃんはかぐや姫だったからお月様に帰っていったんだよ」 とおっしゃったそうです

P1030587_convert_20171015140416.jpg


ご近所さんにも愛されていたTちゃん
皆の心模様がちょっとした仕草でわかるのでしょうか
皆の心に近すぎず、遠すぎず、寄り添い励ましてくれた姿は
まるで真っ暗な夜道を照らすお月様のようでした

誰に撫でられても怒ることなく、落ち着いた態度で
ワンちゃんが来ても物おじせず余裕の表情
その凛とした姿がとても立派で素敵でした
今頃夜空を駆け回っていることと思います

Tちゃん、よくがんばったね
プロフィール

あさひ

Author:あさひ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR